バイナリーオプションで稼ぐ未来日記

バイオプを始めるには準備が必要

バイナリーオプションで稼ぐ未来日記

 

バイオプというものは、その仕組みは単純で、誰にでも理解でき、また実行できるものであることは間違いないようですが、しかし、厳密に言うとある程度のことを分かっていなければ難しいでしょう。たとえば、いったいどうやって取引を進めていけばいいのか、ということ。これが分かっていなければ何もできませんから。ですからそれをまず抑えることが必要になるわけですね。

 

いくらバイオプが株取引よりもリスクを小さく抑える事ができるからと言っても、何も分からない状態で無闇に始めてしまっては危険です。バイオプを始めるには、口座を開設することから始まります。こうした会社はいろいろありますから、ベストなところを選ぶ事も大切。そして、口座を開設したら取引に必要な資金を入金する。そうした準備ができれば、さっそく取引する通貨を選ぶわけです。買いから入るのか、それとも売りからはいるのか、ここがポイントです。このとき、参考になるデータは、チャートや為替情報などですが、それらを見ただけで直に取引が理解できてしまう人は少ないでしょうね。まあ、初心者ならいろいろと迷ってしまうことでしょう。

 

そこでバイオプに関していろいろな知識を吸収することができる講座なども、さまざまなところで開かれています。今はかなりバイオプをやられている方が多いですから、そういう講座はたくさん見つけることができます。こういう講座で学ぶことも一つの手段ではないでしょうか。まあ、独学で学ぶ人も多いのですが、そこは自分で考えてベストな勉強の仕方を見つければいいと思いますね。

 

 

バイオプとはどういものをいうのか

バイナリーオプションで稼ぐ未来日記

 

バイオプとは二択の取引きともいわれるもので、ある一定期間の後の価格を予想するものです。例えば今日の昼の時点での日経平均の価格を二万円以上と予想して、その予想が当たれば利益となり、外れれば損失となるという取引です。このバイオプという取引の特徴は、このシンブルなことといってもいいでしょう。予想が当たるかどうかだけですので、非常にわかりやすい取引きといえます。

 

また、取引の対象はいろいろと選ぶことが出来、日経平均以外でも米国の株価指数であるダウや世界各国の通貨なども取引の対象です。そのため商品数が多く自分の得意なところで取引が出来るというのも魅力といえます。株が得意な人は株で、通貨が得意な人は通貨で取引をすればいいわけです。

 

また、バイオプはリスク管理がしやすいといったことも特徴の一つです。この取引ではポジションをとったときに、最大の損失額と最大の利益額が確定します。しかも一定期間を決めていますから、その時間がたった時の最大の損失額と最大の利益額が分かるという取引きなわけです。こういった特徴を持っている金融商品というのはなかなか少ないといえます。他の金融商品は株であれFXであれ、最大の損失額と最大の利益額といったものはわかりませんし、一定期間といった期間の区切りがあるものは少ないといえます。そのため、リスクの管理がしやすいといったことがいえるでしょう。

 

最近ではこういった特徴があるためかバイオプで取引をするといった人は増えています。また、この取引ではレンジを予想するといったことも可能なので、相場が上下にほとんど動かないといったようなときでも収益を上げることが出来る可能性があるといえます。そのため、この取引は相場の上昇局面でも、下降局面でも、レンジ相場のときでも収益を上げることが出来る可能性がある珍しい取引きともいえます。これも人気の高い理由といえそうです。
参考:国内バイオプ業者の比較ランキング2016年!今人気の口座はココだ!

 

 

オアンダジャパンでFXデビュー!

バイナリーオプションで稼ぐ未来日記

 

いま巷で投資の一つとしてFXが注目されていますが、『オアンダジャパン』は其の中でも私のお気に入りの会社の一つです!この会社の提供してくれる外国為替取引のプラットフォームはアクセス状態が非常によく『OANDAfxTrade』というプラットフォームを使用しています。手数料無料に加え、約定の早さにも定評が有り、充実の取引ツール、他に各種チャートも利用できます。

 

又、主要のブラウザで利用可能なため、ネット環境とスマートフォンがあればその場で取引が可能です。勿論アップルの端末にも対応しており、それらでも取引は可能となっています。専用のアプリもオアンダジャパンのHP上でダウンロードする事ができます。又HPには実際の取引をリアルに再現したシミュレーションを利用する事も出来、実際の取引前にシミュレーションする事が可能です。

 

他にも1通貨から1000万通貨まで、様々な取引規模に合わせプラットフォームの対応が可能で、初心者から中級、上級者に至るまで、満足感を得られるよう設計されています。口座開設から実際に入金、取引開始までも非常に短時間で可能なのです。会社としてのトレーダへのバックアップもしっかりしており、電話での対応は勿論、メールでのお問い合わせもできます。

 

ほかにはデモ口座というのを開設する事ができて、実際に取引を行う前のデモンストレーションを行う事ができます。現在口座開設+入金、その他条件を満たせば5000円のキャッシュバックもあるので今がチャンスです!

 

 

FXはリスクがある分手数料が少なく利益が出やすいのが特徴

バイナリーオプションで稼ぐ未来日記

 

FXで変わる投資の世界として、FXをみると旧来の投資方法とは違いがあることが目に見えてわかります。それでは、なじみある投資方法とはFXにはどのような違いがあるのか、またこのメリットとは何なのでしょうか挙げていきたいと思います。

 

まず、FXは投資の中のストレートな存在で通貨そのものを利用することは、外貨預金と同じです。外貨預金は、銀行でサービスが受けられるものですが外貨預金は、身近に見えて投資の方法としてスタンダードです。FXと外貨預金とくらべるなら手数料が安いのがFX、ロスカットがなく元本割れはあってもゼロにはならない仕組みなのが外貨預金と簡単に説明できます。

 

外貨預金は、意外に使用したことのないという人もいますが、使ってみてもあまり投資の効果がなくて長続きしないという人たちがいます。それはそうで、外貨預金は手数料がネックなどといわれて、せっかくの為替利益が手数料でとんとんになられてしまい手元にあまり残らないのです。元手がおおければまた話しは別かもしれませんが、十万円くらいの投資だと手数料をさっぴいて利益を獲得するのは辛抱強さが必要です。

 

為替利益がおおきくなるまで待つか、また小さな利益をこつこつ上げてくかなどいくつか方法はあるのですが、十万円の元手があってもそれでこつこつと長続きされているパターンは少ないかもしれません。けれど、FXはリスクがある分手数料が少なく、利益が出やすいので十万円の元ででもお小遣い程度には稼げます。十万円の元手なら、レバレッジ抜きでドル円やオーストラリアドル円で1万通貨程度、またレバレッジをきかせて10万通貨くらいは取引できると思います。

 

なので、同じ元手なら、稼げる金額はFXが上というところでしょうか。外貨預金にはない稼ぐ金額はFXならできますが、その分リスクはやっぱりあるし、というと投資方法としては難しい立ち位置といえるかもしれません。けれどFXは今後の投資方法として、新たな可能性があるかもしれませんし期待できるところです。

 

FXという商品は、口座だけを保有している分には別にペナルティはありません。まして課金が発生する事もないのですね。
思えばそれは、銀行の口座と非常によく似ています。人によっては、複数の銀行口座を保有している事もあるでしょう。その複数の口座を使い分けている方々も、決して珍しくありません。
ところが複数口座を保有すると、その内のいくつかは放置になってしまう事もあります。つまり全く使用されない状態になるのですね。
しかしその口座は、別に罰金が発生する訳ではありません。いわゆる休眠口座の状態になってしまっていても、銀行から強制的に料金が発生する事は無いのです。つまり口座を作る分には、別にリスクは無いのですね。
そしてFXもそのようなシステムになっています。数年間口座を放置してしまっていても、別に料金は発生する事は無いのです。
ところが、一部その例外の会社があるのです。例えばある外資系の金融会社の場合は、口座の放置が続いていると課金が発生してしまいます。具体的な数字は覚えていませんが、確か数百円前後の課金だったと思います。ですので1年間も放置すれば、数千円前後の課金が発生してしまう訳ですね。
海外の金融会社のシステムを良く見てみますと、意外とそのようなケースは多いです。いわゆる口座維持費用がかかってしまうケースがあるのですね。
ちなみに日本の金融会社の場合は、そのようなシステムが採用されているケースは、極めて稀です。私もある日本の金融会社の口座を持っていますが、そこを放置してしまっていても、別に課金は発生しないのですね。日本と海外の大きな違いの1つと言えるでしょう。
どちらにしてもFXの口座を作る側としては、口座維持費用はかなり大きなポイントと言えます。うっかり忘れてしまって数千円ほどの課金が発生すると、とても痛いでしょう。ですので外資系の金融会社で口座を作りたいと思っている時には、ちょっと課金の有無などは確認しておくべきですね。

続きを読む≫ 2015/11/08 16:47:08

FXでの売買のためには、色々なツールを使うことになります。比較的よく用いられているツールの1つが、ボリンジャーバンドですね。3つの曲線によって描かれているツールで、あれはとても使いやすいと思っている方は多いです。
現に親戚にもその外貨の商品で売買をしているのですが、普段からそのバンドを用いているようです。そして親戚の場合、むしろ順張りのためにそれを用いているようですね。
実はボリンジャーには2つの使い方があります。まず真ん中のラインに注目してみる方法があるのですね。使い方はとてもシンプルで、そのラインの傾きを見てみるだけです。
例えば一番真ん中のラインが右肩上がりになっているとしましょう。その際には、もちろん上昇基調になっていると判断できるのですね。上昇になっている訳ですから、ラインが右肩上がりになっている時には、買い玉を保有すると良い訳です。逆に右肩下がりになっている際には、もちろん売り玉ですね。
それともう1つの使い方が、逆張りなのです。前述のように3つのラインがある訳ですが、例えばローソク足が一番下のラインにタッチしたとしましょう。その際には、ちょっと行き過ぎ感が感じられるケースが多いのです。一番下のラインにローソクが食い込んでいる状況の場合は、いわゆる売りすぎになっているケースが多いので、リバウンドの上昇を狙うやり方があります。
しかし親戚によると、どちらかといえば順張りに使う方が好ましいようですね。というのも一番下のラインにタッチしたからと言って、必ずしも上昇するとは限らないのだそうです。一番下にタッチしている時にはかなり勢いが強いので、むしろ売り玉を保有する方が良いと思っているようですね。
そのような話を総合的に判断すると、結局はFXのボリンジャーはトレンドを追求する時に便利なツールという事になるでしょう。逆張り向きのツールではないと考えられています。逆張りを目的にするのであれば、むしろピボットやサポートなどのツールを使う方が良いと個人的には思います。

続きを読む≫ 2015/11/08 16:47:08

FXでは、情報収集はとても大切です。そのために、金融会社によるニュースや情報ツールなどを有効活用している方もいらっしゃるでしょう。いわゆるニュース欄をクリックすると、様々な情報を得る事ができるのですね。
ところでその欄をクリックすると、たまに上値抵抗線などの情報を見る事ができます。今日のサポートラインには何円ですなどと表示されるのですね。
あのラインは、とても参考になります。サポートに達した時には、もちろんリバウンドの上昇が発生しやすくなるからです。ですのでニュース欄に目を通してみて、今日のサポートは何円くらいなのか等とチェックをしているFXのトレーダーの方々も、沢山いらっしゃいます。
ところでそのサポートのラインを見る時には、その論拠なども確認する方が良いでしょう。なぜならそれを確認しておく方が、自分にとって最適な情報なのかどうかも見極めやすいからです。
そもそも各アナリストの方々が提示しているサポートなどは、それぞれ時間軸が異なるのですね。アナリストの方も沢山いらっしゃいます。普段デイトレで売買をしているアナリストもいらっしゃれば、スイング派の方々もいらっしゃる訳ですね。
そして売買をしている個人の方の状況を、また色々です。デイトレで売買をしている方も居れば、スイング派の方もいらっしゃるでしょう。デイトレで売買をしている方であれば、もちろんデイトレ派によるアナリストの方の意見に耳を貸す方が良いのです。逆にスイング派であれば、スイング派のアナリストの意見を信じる方が良いでしょう。
ですのでニュースでサポートの情報を見た時には、ちょっとその計算式を分析してみると良いですね。一体どのような計算式によってその数字が算出されたかを見極めてみると、自分に最適も情報を見極めやすくなると思います。多少の手間はかかるのですが、自分のFXの成績にも大きく関わってくる訳ですから、一手間かけて計算式を分析してみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/08 16:47:08

金融商品は、実は放置をする事はできます。いわゆる休眠状態にする事も可能なのですね。
例えば私たちが、どこかで銀行の口座を作ったとしましょう。会社の給料振り込みのために、どこかの銀行で口座を作っている方もいらっしゃるでしょう。
ところが作った銀行の口座を、使わなくなる事もあるのですね。一旦は何かの理由で作成をしたものの、めったに使わなくなったので、休眠状態になってしまっているケースも珍しくありません。いわゆる休眠口座などが、それに該当します。
ところでFXにも口座がありますが、もちろん上記のようなパターンは見られるのですね。一旦はどこかの会社で口座を作ってみたものの、めったに使わないので休眠状態になっているケースは決して珍しくありません。実際私も、数年前にある会社で口座を作っています。ところがその会社のシステムはあまり良くなかったので、現在はほぼ放置になっています。そのようなかたは、案外と多いのでは無いでしょうか。
ところでこの投資商品の場合は、口座が休眠状態になっていても別に問題はありません。私が数年前に作った口座の場合、今なおログインはできる状態になっています。
そして放置状態になってしまっていても、別に何もペナルティーはありません。特に罰金などが発生するシステムもありませんので、放置状態でも何も問題は無いのですね。
しかしそれも金融会社次第なのです。実は一部のFXの会社では、ちょっとペナルティーが発生してしまう事があります。
ある会社の場合は、いわゆる凍結状態になってしまうようですね。その会社の最終ログイン日から数えて半年ほど経過してしまいますと、その金融会社のシステムにはログインできなくなってしまいます。ログインを解除するためには金融会社に連絡をして、再開の手続きをしなければなりません。いわゆる外資系の金融会社の場合は、そのようなケースは度々見られます。
ですのでFXの口座を作る段階で、その凍結が発生するかどうかは確認しておく方が無難ですね。

続きを読む≫ 2015/11/08 16:46:08

FXでは、損切りの注文は必要不可欠です。特にデイトレで売買を行うのであれば、それはまず間違いなく必須になります。
そもそもデイトレの場合は、翌日に建玉を持ち越すことができないルールになるのです。そのルールを死守する以上は、やはり逆指値を設定する事になるでしょう。
ところでその逆指値は、もちろん自分の好きなような幅で設定する事ができます。例えば現在の外貨の金額が、38円になっているとしましょう。その時に新規の注文をしたのであれば、37.8を逆指値にする事もできますし、もちろん37.5などに設定する事も可能です。
基本的に自分好みに逆指値を設定できる訳ですが、あまり広くしない方が良いと言われています。利益確定までの設定幅はできるだけ広くするべきですが、損切りの場合はできるだけタイトにするべきとするべきなのですね。FXに関する情報サイトを見てみると、そのような事が書かれているケースが非常に多いです。いわゆる理大損小という表現が用いられる事が多いのですね。
ところで私が以前に、ある金融会社でちょっと面白いシステムを見たことがあります。あまりタイトに設定する事ができなかったのです。
もう一度上記の38円の例に戻りますが、例えば上記の状況で37.98などで逆指値の設定をしたいと思ったとします。0.02というのはかなり狭い方ですが、私もそれ位の値幅で逆指値を設定しようと思ったのですね。
ところが、それができなかったのです。その幅で注文をしようとしたところ、その金融会社のシステムのエラーメッセージが表示されたのですね。確か37.97以下にして下さい等と表示された記憶があります。私が一瞬目を疑いましたが、エラーメッセージが表示されているの現実だったので、やむを得ず逆指値を別の値段に設定せざるを得ませんでした。
つまり私が設定した0.02という数字は、ちょっと狭すぎたのでしょう。値幅をあまりタイトにしてしまいますと、弾かれてしまう訳ですね。
もちろんFXの会社によっては、0.02などで設定をする事もできます。つまり値幅の設定可能な幅は、会社によって異なる訳ですね。

続きを読む≫ 2015/11/08 16:46:08

ここ最近のFXの相場は、やや円安が進んでいるムードが感じられます。特に今年の頭の時期などは、その傾向が顕著でした。ほとんどの外貨にて円安が進んでいる傾向があるのですが、それだけにこの状況で大きな利益が発生した方もいらっしゃるのではないでしょうか。円安が得意な方々にとっては、やりやすかったのではないかと思います。
ところでなぜ最近の相場が円安方向に進んでいるかと申しますと、緩和なのですね。金融の統括機関が、それを行っているからです。
FXに対するニュースを見てみると、この緩和という表現はよく目撃します。その意味合いなのですが、簡単に申し上げるとお金の借りやすさになります。
そもそも私達は、どこかからお金を借りたいと思う事があるでしょう。そして借りる事ができる難易度は、政策によって変動する事があるのですね。
例えば政府がお金を借りやすくするためのルールを設定したとしましょう。するともちろん、人々はお金を借りやすくなる訳です。
特にその傾向が顕著なのは、法人ですね。法人などは資金繰りをしなければならないケースが非常に多いですが、その難易度が低くなる訳です。
そして難易度が低くなる理由の1つが、前述の緩和になります。金融業界の統括機関は、たまに緩和を促進しているのですね。そしてここ最近の金融業界では、その緩和が促進されている傾向があります。去年に比べると、明らかにそれが促進されているのですね。
そしてお金を借りやすくなると、相対的に円安になりやすくなります。ですので最近のFXでは、ちょっとクロス円は上昇基調になっている訳ですね。
ただしここ最近の金融市場を見てみると、ちょっとその上昇基調が落ち着いてきつつあります。現在はちょっとした調整も発生しているので、一旦は上昇が頭打ちになっている状況です。もちろん今後は不明なのですが。
FXの相場を動かす要因は、色々あります。その1つが、金融の統括機関による緩和なのですね。

続きを読む≫ 2015/11/08 16:46:08

ここ最近のFXのチャートは、以前に比べればだいぶ機能が充実してきています。それを上手く使いこなすことで、売買のスキルが上達すると思うのです。
ところで便利な機能の1つに、コメントがあります。そのチャートに対しては、自分のコメントを記載する事もできるのですね。
コメントは、吹き出しマークで記載をする事ができます。それは非常に便利な機能で、自分の考え方を客観的に見直したい時には、活躍してくれるでしょう。
例えばある時に、外貨の金額が上昇しそうになったとしましょう。そのような時には、前述のコメント機能を使って、「ここでは上昇しそうだ」などと記入します。そしてもちろんそのログは、チャートに記録されるのですね。
そして上昇しそうだと思ったので、買い玉を保有したとしましょう。ところが残念ながら、外貨の金額が下落をしてしまったとします。非常によくあるパターンですね。そのような時に上記のコメント機能で、「だいぶ落ちてきたが、そろそろ盛り返すだろう」などと記載をする事もできます。
逆に上昇してきた時も同様です。上手く行って、30pipsくらいの上昇が発生したとしましょう。その際にコメント欄に対して、「だいぶ上昇したが、もう少し待ってみよう」などと記入する事もできるのですね。
このように自分の感情を記入していく事は、とても大切です。感情というのはとても忘れやすいものなので、記録をしておく方が成長が望めるものなのですね。
思えば私たちは、チャートで勉強をする事も多々あります。後日ローソクを見直して見た時に、上記のように自分で書いたコメントを読んでみると、色々と面白いことがわかってくるものなのです。それで自分の感覚を整理して、的確な売買でできるようになるのですね。
ですのでFXで売買成績を上げたいと思うのであれば、どんどんチャートのコメント欄に記入をしていくと良いでしょう。ただしあまり長々と記入すると、内容を把握しづらくなります。自分なりの短い暗号などを用いる方が、コメントも分かりやすくなるでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/08 16:46:08

FXに興味を持っている方々は、たまに書籍にも興味を持っています。特に初心者の方々などは、それに興味を持っている事が多いのですね。その金融商品に関することを、書籍で勉強しようと思っている方々は多数いらっしゃいます。
ところでその金融商品に関する書籍には、総じて分かりやすさが求められている傾向があるのです。売買に関する高度な知識というよりも、分かりやすさなのですね。
というのもそのタイプの書籍に対しては、しばしば口コミが投稿されています。書籍を購入する事ができる通信販売サイトにアクセスをすると、たいていレビューが投稿されているでしょう。あれをクリックすると、書籍の感想文などを見る事ができるのですね。自分に最適な商品を選びたい時には、あれはとても便利です。
そしてレビューを見てみると、分かりやすさに関して言及されている内容が非常に多いのです。例えば「このFXに関する書籍は、非常に分かりやすかったです」などの内容ですね。
そもそも人々の中には、その金融関連の商品を全く知らない方もいらっしゃいます。FXとは何ぞやと思っている方々は、相当多いのですね。
そのような方々が書籍で勉強をしている訳ですが、いわゆる初心者目線で分かりやすく書かれている書籍を求めている傾向があるのです。それは、確かにそうですね。入門書を読む訳ですから、それが分かりやすく書かれているかどうかは大切なポイントといえるでしょう。
逆に意外と少ないのが、「目からうろこ」というコメントです。たまに売買に関するセオリーを書籍で学びたいと思っている方もいらっしゃるのですが、もしも何かの書籍を読んで興味深いと思った時には、目からうろこ等の表現を使うことが多いでしょう。
しかし実際に通信販売サイトでレビューを読んでみますと、そのような表現が使われているケースは極めて稀です。どちらかというと、前述の分かりやすさに関して触れられている事が多いのですね。ですので人々は、やはりFXの書籍に対しては分かりやすさを求めているようです。

続きを読む≫ 2015/11/08 16:46:08

FXという商品には、1つ特徴があります。勧誘がほぼ発生しない点です。
実は金融商品というのは、会社によってはたまに勧誘が発生する事があるのですね。いわゆる電話で商品をおすすめしてくる会社もあるようです。もちろんその目的は、営業セールスなのですが。
そして冒頭の外貨を用いる商品の場合、そのセールスの電話がかかってくる事はまずありません。すでに私はその商品で何年も売買を行っているのですが、今まで1回も電話が来た事が無いのです。
ちなみに私の方から金融会社に対して、ちょっと問い合わせの電話をする事はあります。しかしその回数も、本当に少ないですね。せいぜい数年に1回程度です。
いずれにしてもFXは、勧誘が行われるケースは極めて稀です。ある意味、その商品の特徴の1つと言えるでしょう。
ところでなぜ勧誘が行われないかと申しますと、恐らく通報機関の存在ではないでしょうか。金融業界には、そのような機関があるのです。
そもそも日本全国の金融商品というのは、ある公的な団体によって統括されているのですね。そしてその団体の力は、非常に強いです。その団体は、常に日本の金融会社を見張っているのですね。もしもどこかの金融会社に何か問題点が見られた時には、その団体からNGが来ます。それによって営業停止になってしまう事があるので、非常に権力が大きい訳ですね。
そしてその公的な団体では、金融会社の利用者からの通報を受け付けています。その1つが、迷惑電話に関する通報なのですね。もしも金融会社は顧客に対して迷惑電話をかけた時には、その団体に対して通報が行く事になります。もちろんその通報の件数が多ければ、その公的な団体としてはNGを出すでしょう。結果として業務停止などになってしまう可能性があるので、恐らくFXの会社としては勧誘の電話をかけてこないのだと思います。
このように公的機関の見張りがあるので、金融会社としては迷惑な電話をしない状況になっている訳ですね。

続きを読む≫ 2015/11/08 16:46:08

私たちが街を歩いていますと、もちろん通行人の方々を目撃する事になります。特に都心エリアでは、非常に多くの方々を目撃する事になるのですね。都心エリアでは、通行人の人数が非常に多いからです。
ところで私がその通行人の方々を見ていると、たまにFXを行っている方の人数が気になる事があります。例えば都心エリアのある場所にて、100人の通行人を見かけたとしましょう。果たしてその中の何人ぐらいがその外貨を用いる金融商品で注文をしているのか、ちょっと興味があるのですね。
それに関するヒントを与えてくれると思われる数字があります。50万人です。
その数字が何を示すかと申しますと、全国のFXの人数なのですね。あくまでも全国です。東京や大阪などの都心エリアにおける人数ではありません。
ところで東京の人口は、現時点では1,335万人と言われています。という事は都心エリアで見かける方々の中で、割と多くの方がその金融商品で売買を行っていると思うのです。
上記の50万という数字は全国規模ですが、東京地域でその金融商品の売買をしている方は、恐らくかなり多いでしょう。全国の中でもWEB媒体が非常に発達していますし、スマホの普及率が非常に高いですね。ですので恐らく東京の方々の12万人ぐらいは、その金融商品で売買をしていると思います。
そして単純計算で申し上げると、0.08%ぐらいの東京の方が売買をしているのではないかと思うのです。大阪も、それと同じぐらいかもしれません。
という事は都心エリアで見かける方々の100人に1人ぐらいは、その金融商品で売買をしているのではないでしょうか。つまり都心で100人の通行人を見かけた時には、その中の1人はFXで売買をしている計算になります。
もっともその外貨を使う商品は、サラリーマンの方々の人数が非常に多いと言われています。ですのでスーツ姿の方をよく見かける都心エリアでは、もう少しパーセンテージが高いかもしませんね。個人的には、恐らく100人に2人位かなと思います。

続きを読む≫ 2015/11/08 16:45:08