FXの金融会社も重視をしているサポートやレジスタンスなどの線

FXの金融会社も重視をしているサポートやレジスタンスなどの線

私が普段用いている金融会社では、たまにメールを送ってくれます。どのようなメールかと申しますと、いわゆるサポートやレジスタンスなどに関する情報です。
例えばある時までの外貨の金額が、82.8だったとします。その外貨が上昇した結果、83になったとしましょう。金融会社はメールを送ってくれるのは、そのようなタイミングなのですね。
上記のような動きは、いわゆる上値抵抗線を抜けている状況と考えて良いでしょう。83というのはとても切りが良い数字ですが、それが破られている訳ですから、いわゆる重要局面になっている事だけは確かですね。
そして私が利用している金融会社では、そのような局面になった時にリアルタイムにメールを送ってくれるのです。日々デイトレで売買をする方にとっては、非常に助かるメールですね。特に会社が忙しいサラリーマンの方にとっては、そのようなメールのメリットは大きいと思うのですが。
ところでそのメールは、FXの会社の考え方を表現していると思います。恐らく金融会社としては、上記のような抵抗線はとても大切だと考えているのでしょう。
そもそも金融会社はわざわざメールを送ってくれるのは、やはり何か理由があるものです。基本的には、口座保有者にとって重要な情報だけを送っている傾向があるのですね。あまり重要でない情報は、送らない傾向があります。
そして実際には上記のような抵抗ラインに関するメールが、頻繁に届いています。という事は、やはり金融会社としては、そのような抵抗ラインはとても大事なものだと考えているのでしょう。
わざわざ金融会社がメールを送っているくらいですから、やはり普段の取引の際には、そのラインは意識するべきだと考えます。金融会社は重要だと考えている以上は、やはり口座保有者にとっても重要な情報だと思われるからです。
実際私もそのラインを意識するようになってから、だいぶFXの成績が変化しました。もちろん良い意味でです。少なくとも上記のようなキリの良い数字だけは、ちょっと意識する方が良いでしょう。