FXのチャートでコメントを記載していくと上達しやすい

FXのチャートでコメントを記載していくと上達しやすい

ここ最近のFXのチャートは、以前に比べればだいぶ機能が充実してきています。それを上手く使いこなすことで、売買のスキルが上達すると思うのです。
ところで便利な機能の1つに、コメントがあります。そのチャートに対しては、自分のコメントを記載する事もできるのですね。
コメントは、吹き出しマークで記載をする事ができます。それは非常に便利な機能で、自分の考え方を客観的に見直したい時には、活躍してくれるでしょう。
例えばある時に、外貨の金額が上昇しそうになったとしましょう。そのような時には、前述のコメント機能を使って、「ここでは上昇しそうだ」などと記入します。そしてもちろんそのログは、チャートに記録されるのですね。
そして上昇しそうだと思ったので、買い玉を保有したとしましょう。ところが残念ながら、外貨の金額が下落をしてしまったとします。非常によくあるパターンですね。そのような時に上記のコメント機能で、「だいぶ落ちてきたが、そろそろ盛り返すだろう」などと記載をする事もできます。
逆に上昇してきた時も同様です。上手く行って、30pipsくらいの上昇が発生したとしましょう。その際にコメント欄に対して、「だいぶ上昇したが、もう少し待ってみよう」などと記入する事もできるのですね。
このように自分の感情を記入していく事は、とても大切です。感情というのはとても忘れやすいものなので、記録をしておく方が成長が望めるものなのですね。
思えば私たちは、チャートで勉強をする事も多々あります。後日ローソクを見直して見た時に、上記のように自分で書いたコメントを読んでみると、色々と面白いことがわかってくるものなのです。それで自分の感覚を整理して、的確な売買でできるようになるのですね。
ですのでFXで売買成績を上げたいと思うのであれば、どんどんチャートのコメント欄に記入をしていくと良いでしょう。ただしあまり長々と記入すると、内容を把握しづらくなります。自分なりの短い暗号などを用いる方が、コメントも分かりやすくなるでしょう。