注文をしていない期間が長すぎると凍結する事があるFXの口座

注文をしていない期間が長すぎると凍結する事があるFXの口座

金融商品は、実は放置をする事はできます。いわゆる休眠状態にする事も可能なのですね。
例えば私たちが、どこかで銀行の口座を作ったとしましょう。会社の給料振り込みのために、どこかの銀行で口座を作っている方もいらっしゃるでしょう。
ところが作った銀行の口座を、使わなくなる事もあるのですね。一旦は何かの理由で作成をしたものの、めったに使わなくなったので、休眠状態になってしまっているケースも珍しくありません。いわゆる休眠口座などが、それに該当します。
ところでFXにも口座がありますが、もちろん上記のようなパターンは見られるのですね。一旦はどこかの会社で口座を作ってみたものの、めったに使わないので休眠状態になっているケースは決して珍しくありません。実際私も、数年前にある会社で口座を作っています。ところがその会社のシステムはあまり良くなかったので、現在はほぼ放置になっています。そのようなかたは、案外と多いのでは無いでしょうか。
ところでこの投資商品の場合は、口座が休眠状態になっていても別に問題はありません。私が数年前に作った口座の場合、今なおログインはできる状態になっています。
そして放置状態になってしまっていても、別に何もペナルティーはありません。特に罰金などが発生するシステムもありませんので、放置状態でも何も問題は無いのですね。
しかしそれも金融会社次第なのです。実は一部のFXの会社では、ちょっとペナルティーが発生してしまう事があります。
ある会社の場合は、いわゆる凍結状態になってしまうようですね。その会社の最終ログイン日から数えて半年ほど経過してしまいますと、その金融会社のシステムにはログインできなくなってしまいます。ログインを解除するためには金融会社に連絡をして、再開の手続きをしなければなりません。いわゆる外資系の金融会社の場合は、そのようなケースは度々見られます。
ですのでFXの口座を作る段階で、その凍結が発生するかどうかは確認しておく方が無難ですね。