主に順張りのために用いられる事が多いFXのボリンジャー

主に順張りのために用いられる事が多いFXのボリンジャー

FXでの売買のためには、色々なツールを使うことになります。比較的よく用いられているツールの1つが、ボリンジャーバンドですね。3つの曲線によって描かれているツールで、あれはとても使いやすいと思っている方は多いです。
現に親戚にもその外貨の商品で売買をしているのですが、普段からそのバンドを用いているようです。そして親戚の場合、むしろ順張りのためにそれを用いているようですね。
実はボリンジャーには2つの使い方があります。まず真ん中のラインに注目してみる方法があるのですね。使い方はとてもシンプルで、そのラインの傾きを見てみるだけです。
例えば一番真ん中のラインが右肩上がりになっているとしましょう。その際には、もちろん上昇基調になっていると判断できるのですね。上昇になっている訳ですから、ラインが右肩上がりになっている時には、買い玉を保有すると良い訳です。逆に右肩下がりになっている際には、もちろん売り玉ですね。
それともう1つの使い方が、逆張りなのです。前述のように3つのラインがある訳ですが、例えばローソク足が一番下のラインにタッチしたとしましょう。その際には、ちょっと行き過ぎ感が感じられるケースが多いのです。一番下のラインにローソクが食い込んでいる状況の場合は、いわゆる売りすぎになっているケースが多いので、リバウンドの上昇を狙うやり方があります。
しかし親戚によると、どちらかといえば順張りに使う方が好ましいようですね。というのも一番下のラインにタッチしたからと言って、必ずしも上昇するとは限らないのだそうです。一番下にタッチしている時にはかなり勢いが強いので、むしろ売り玉を保有する方が良いと思っているようですね。
そのような話を総合的に判断すると、結局はFXのボリンジャーはトレンドを追求する時に便利なツールという事になるでしょう。逆張り向きのツールではないと考えられています。逆張りを目的にするのであれば、むしろピボットやサポートなどのツールを使う方が良いと個人的には思います。